【Intel(R)Edison × Arduino】WiFi接続してArduinoでデータ送信しPHPで受け取る

2014年11月18日

Pocket

edison_thamb2

極小のサーバーが作れるIntel(インテル)のEdisonにはWiFiも積んであるので、別途WiFiルーターが不要でネットに接続できます!
これを使えば、よりコンパクトなIOTの開発が実現できます!!
今回はIntelのEdisonを使用して、任意のサイトにWiFi接続してみました。
 
前回超小型Linux Intel(R)Edison】EdisonをセットアップからArduinoでLチカまでやってみたでEduisonのセットアップは済ませてあるので、引き続きEdisonでWiFi接続の方法をご説明いたします。
 
 
 

準備物

Edison
Arduino Expansion Board(Arduino拡張ボード)
Arduino Base Shield
Light sensor(光センサー)
MicroUSBケーブル
電源ケーブル
PC
WiFi環境
 
 

ネットワークのIPアドレス変更

ネットワーク環境設定を開いて
[Edison]を選択します。
何も設定していない状態だと、オレンジになっていると思います。
edison10
IPv4の設定を[手入力]を選択します。
IPアドレスに”192.168.2.2”を設定します。
サブネットマスクを”255.255.255.0”を設定します。
edison11
 
 

EdisonのWiFi設定

ターミナルを立ち上げて前回と同じように

# screen /dev/tty.usbserial-A402IY3C 115200 -L

を入力してEdisonにログインします。

# configure_edison --wifi

と入力しEnterを押し、WiFiの読み込みが終わるまでしばらく待ちます。
読み込みが終わると、WiFiの候補があがりSSIDを聞かれます。
edison12
中から接続したいWiFiの番号を入力しEnterを押ます。

Is SSID correct? [Y or N]: y
Password must be between 8 and 63 characters.
What is the network password?: WiFiのパスワード

パスワードも入力します
 
 

ArduinoでWiFi接続

Arduino IDEを立ち上げ、ファイル -> スケッチの例 -> WiFi -> WiFiWebClientを開きます。
edison13
 

char ssid[] = "yourNetwork"; //  your network SSID (name) 
char pass[] = "secretPassword";    // your network password (use for WPA, or use as key for WEP)

の箇所を書き換えます。
”yourNetwork”にSSID、
”secretPassword”にWiFiパスワードを書きます。
スケッチにエラーがなければ、Edisonに書き込みます。
シリアルポートを開き、しばらくして
googleの情報が返って来たらWiFi接続成功です。
edison14
 
 

任意のサイトに値を渡す

先ほどのWiFiWebClientのファイルをさらに書き換えていきます。

//char server[] = "www.google.com";    // name address for Google (using DNS)
char server[] = "ホスト";

googleのアドレスが記入されている箇所を接続したいURLのホストネーム入力します。
 

if (client.connect(server, 80)) {
    Serial.println("connected to server");
    // Make a HTTP request:
    //client.println("GET /search?q=arduino HTTP/1.1");
    client.println("GET /接続先のパス?q=GETで渡したい値 HTTP/1.1");
    //client.println("Host: www.google.com");
    client.println("Host: 先ほど入力したホスト名");
    client.println("Connection: close");
    client.println();
}

接続に成功した場合、データを送信します。
これだけでWEBサイトに渡したい情報を渡せます。
 
 

光センサーから取得した値をWEBサイトに渡してPHPで受け取り保存してみます

サーバー上にedison.phpというファイルを作成します。
data.txtファイルをedison.phpと同じディレクトリに作成します。
edison.phpに以下のコードを書きます。
 
edison.php

<?php 
$text = htmlspecialchars($_GET['light'], ENT_QUOTES, 'UTF-8');

//ファイル書き換え
$fp = fopen('data.txt', "w");

if (fwrite($fp,  $text) === FALSE){
    echo('Error');
}else{
    echo('Success!!');
}

fclose($fp);

?>

 
EdisonボードにArduino Base Shieldを乗せます。
アナログ入力A0に光センサーを接続します。
edison15
 
Arduino IDEで下記のコードをEdisonに書き込みます。
Arduino

#include <SPI.h>
#include <WiFi.h>

char ssid[] = "SSID"; //  your network SSID (name) 
char pass[] = "パスワード";    // your network password (use for WPA, or use as key for WEP)
int keyIndex = 0;            // your network key Index number (needed only for WEP)

int status = WL_IDLE_STATUS;
// if you don't want to use DNS (and reduce your sketch size)
// use the numeric IP instead of the name for the server:
//IPAddress server(74,125,232,128);  // numeric IP for Google (no DNS)
char server[] = "ホストネーム";

const int LIGHT = A0; //光センサー
int LIGHT_val = 0; //光センサーの値を入れる変数

// Initialize the Ethernet client library
// with the IP address and port of the server 
// that you want to connect to (port 80 is default for HTTP):
WiFiClient client;

void setup() {
  //Initialize serial and wait for port to open:
  Serial.begin(9600); 
  while (!Serial) {
    ; // wait for serial port to connect. Needed for Leonardo only
  }
  
  pinMode(LIGHT,INPUT); //光センサーをインプットに設定
  
  // check for the presence of the shield:
  if (WiFi.status() == WL_NO_SHIELD) {
    Serial.println("WiFi shield not present"); 
    // don't continue:
    while(true);
  } 

  String fv = WiFi.firmwareVersion();
  if( fv != "1.1.0" )
    Serial.println("Please upgrade the firmware");
  
  // attempt to connect to Wifi network:
  while (status != WL_CONNECTED) { 
    Serial.print("Attempting to connect to SSID: ");
    Serial.println(ssid);
    // Connect to WPA/WPA2 network. Change this line if using open or WEP network:    
    status = WiFi.begin(ssid, pass);
  
    // wait 10 seconds for connection:
    delay(10000);
  } 
  Serial.println("Connected to wifi");
  printWifiStatus();
  
  Serial.println("\nStarting connection to server...");
  // if you get a connection, report back via serial:
  if (client.connect(server, 80)) {
    Serial.println("connected to server");
    
    LIGHT_val = analogRead(LIGHT); //光センサーの値取得
   
    String PostTex = "GET /headphone/edison.php?light=";
    PostTex.concat(LIGHT_val);
    PostTex.concat(" HTTP/1.1");
    
    // Make a HTTP request:
    client.println(PostTex); //サイトに値を渡す
    client.println("Host: ホストネーム");
    client.println("Connection: close");
    client.println();
  }
}

void loop() {
  // if there are incoming bytes available 
  // from the server, read them and print them:
  while (client.available()) {
    char c = client.read();
    Serial.write(c);
  }

  // if the server's disconnected, stop the client:
  if (!client.connected()) {
    Serial.println();
    Serial.println("disconnecting from server.");
    client.stop();

    // do nothing forevermore:
    while(true);
  }
}


void printWifiStatus() {
  // print the SSID of the network you're attached to:
  Serial.print("SSID: ");
  Serial.println(WiFi.SSID());

  // print your WiFi shield's IP address:
  IPAddress ip = WiFi.localIP();
  Serial.print("IP Address: ");
  Serial.println(ip);

  // print the received signal strength:
  long rssi = WiFi.RSSI();
  Serial.print("signal strength (RSSI):");
  Serial.print(rssi);
  Serial.println(" dBm");
}

 

シリアルポートを開き、「Success!!」と表示されれば成功です。
data.txtファイルの中身を見てみると光センサーから取得した値が入っているはずです。
 
 
 

とりあえず簡単に値を渡しましたが、Nodejsを使うともっとスムーズに値を渡すことができます。
私は、はじめはArduinoで値を渡していたのですが、遅いし挙動がおかしかったです。
でも、インテルの方にNodejsでの値の渡し方を教わり、実行してみるとすごいスムーズに動くようになりました。
 
とりあえずセットアップ中心にご紹介してみましたが、Edisonの良いところってサーバー部分だと思うので、
また、余裕があればNodejsやらPythonやらでなんか作ってみたいと思います!
 
 
超小型Linux Intel(R)Edison】EdisonをセットアップからArduinoでLチカまでやってみた
【Edison+Node.js】Node.js+MRAAでArduinoを操作してみた
【Arduino入門 第一弾】Webデザイナーでもできる電子工作~LED点滅~

このサイトについて


『意識低い系女と高い系男の一年戦争』はクリエイティブ会社エアゼの代表2人が運営するブログです。エアゼは、アプリ・Web・IoT・インタラクティブコンテンツのデザイン・開発を手がけています。

エアゼ ホームページ