【Gracenote Rhythm API】世界最大級音楽ビッグデータGracenoteのAPIで楽曲をレコメンド

2014年12月2日

Pocket

gracenote_thumb

GracenoteのデータはiTunes、Spotifyなど、皆さんもお馴染みの音楽アプリやサービスで使われています。
音楽サービスを始めるならなくてはならないGracenote!!世界最大級の音楽ビッグデータを持つGracenoteのRhythm APIを使って楽曲をレコメンドしてみました!
 
またまた、ハッカソンの話なのですが、GracenoteのAPIは、MUSICIANS HACKATHONとTechCrunch Tokyo Hackathon 2014に参加した時に使わせていただいた、私たちTicaLabお気に入りのAPIです!
情報量が多いので使い道もさまざまで、今までハッカソンだけでもGracenoteを使用した面白いソフトウェアがたくさん作られています。
では、さっそく使ってみましょう。今回は、Rhythm APIを利用してみました。
 
 

APP作成

GracenoteのAPIを利用するためには、まずアカウントを作成しなくてはいけません。
さっそくアカウントを作りましょう。
GracenoteのDeveloperサイトにアクセスし、アカウントを作成して下さい。
Gracenote | Developer Portal
 
アカウント作成が完了したらAPPを作成します。
gracenote1
 
App Nameの名前を入力し、Create Appをクリックします。
gracenote2
 
APPが作成されました。
gracenote4
Client IDは後で使用します。
 
 

ユーザーIDを取得する

user.xmlというファイルをデスクトップに作成します。
user.xmlの中に下記のコードを記入して保存してください。
CLIENT IDのところは、先ほどのCLIENT ID(XXXXXXX-◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯)を入力してください。

<QUERIES>
  <QUERY CMD="REGISTER">
    <CLIENT>CLIENT ID</CLIENT>
  </QUERY>
</QUERIES> 

 
ターミナルを起動します。

//デスクトップに移動
$ cd Desktop
$ curl -d @user.xml https://cXXXXXXX.web.cddbp.net/webapi/xml/1.0/

“XXXXXXX”のところはCLIENT IDのハイフン前の7桁の数字を入れます。
すると下記のようなレスポンスが返ってきます。
 

<RESPONSES>
 <RESPONSE STATUS="OK">
   <USER>△△△△△△△△△△-■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■</USER>
 </RESPONSE>
</RESPONSES>

USERのタグの中に放っているユーザーIDを使用するのでメモしておいてください。
 
 

Rhythm APIで使えるムード、ジャンル、年代を調べる

今回は、Rhythm APIを使用しますのでムード、ジャンル、年代のIDが欲しいので一覧を調べます。
Rhythm APIでは曲名、アーティスト名、ジャンル、年代、ムードなどで楽曲を選曲できるAPIです。
Rhythm API | Gracenote
下記のURLを叩くと一覧情報が返ってきます。
 
ジャンル一覧を見る
”https:/cXXXXXXX.web.cddbp.net/webapi/xml/1.0/radio/fieldvalues?fieldname=RADIOGENRE&lang=jpn&client=CLIENT ID&user=USER ID”
 
gracenote3
 
ムード一覧を見る
”https:/cXXXXXXX.web.cddbp.net/webapi/xml/1.0/radio/fieldvalues?fieldname=RADIOMOOD&lang=jpn&client=CLIENT ID&user=USER ID”
 
年代一覧を見る
”https:/cXXXXXXX.web.cddbp.net/webapi/xml/1.0/radio/fieldvalues?fieldname=RADIOERA&lang=jpn&client=CLIENT ID&user=USER ID”
 
 

ジャンルで楽曲を検索

ジャンルで検索してみたいと思います。
先ほど調べたIDを使用して検索します。
とりあえずポップのジャンルを検索。

<?php
$genre_coad = 36056; //ジャンルーポップのID
$xml = "https://c634880.web.cddbp.net/webapi/xml/1.0/radio/create?genre=" . $genre_coad ."&lang=jpn&return_count=10&client=CLIENT ID&user=USER ID";//ファイルを指定
$xmlData = simplexml_load_file($xml);//xmlを読み込む

echo "<pre>";
var_dump($xmlData);
echo "</pre>";
?>

ポップのジャンルの楽曲データが10曲取得できました。
 
 

ムードで楽曲を検索

ムードで検索してみたいと思います。
センチメンタルのムードを検索。

<?php
$mood_coad = 65324; //ムードーセンチメンタルのID
$xml = "https://c634880.web.cddbp.net/webapi/xml/1.0/radio/create?mood=" . $mood_coad . "&lang=jpn&return_count=10&client=CLIENT ID&user=USER ID";//ファイルを指定
$xmlData = simplexml_load_file($xml);//xmlを読み込む

echo "<pre>";
var_dump($xmlData);
echo "</pre>";
?>

センチメンタルのムードの楽曲データが10曲取得できました。
 
 

年代で楽曲を検索

年代で検索してみたいと思います。
2010年代を検索。

<?php
$era_coad = 42877; //年代ー2010年代のID
$xml = "https://c634880.web.cddbp.net/webapi/xml/1.0/radio/create?era=" . $era_coad . "&lang=jpn&return_count=10&client=CLIENT ID&user=USER ID";//ファイルを指定
$xmlData = simplexml_load_file($xml);//xmlを読み込む

echo "<pre>";
var_dump($xmlData);
echo "</pre>";
?>

2010年代の楽曲データが10曲取得できました。
 
 

気分で楽曲レコメンドDEMO

上記の検索を使ってジャンル、ムード、年代を選んで楽曲をレコメンドしてくれるデモを作ってみました!
楽曲再生にはiTunes APIを使用しています。
 
DEMO
 
HTML

<?php
$submit_flg = false;

if($_POST['submit']){

	$submit_flg = true;

	$genre_id = htmlspecialchars($_POST['genre'],ENT_QUOTES);
	$mood_id = htmlspecialchars($_POST['mood'],ENT_QUOTES);
	$era_id = htmlspecialchars($_POST['era'],ENT_QUOTES);

	$xml = "https://c634880.web.cddbp.net/webapi/xml/1.0/radio/create?focus_popularity=1000&genre=" . $genre_id . "&mood=" . $mood_id . "&era=" . $era_id . "&lang=jpn&return_count=10&client=CLIENT ID&user=USER ID";//ファイルを指定
	$xmlData = simplexml_load_file($xml);

}

//ジャンルリスト
$xml = "https://c634880.web.cddbp.net/webapi/xml/1.0/radio/fieldvalues?fieldname=RADIOGENRE&lang=jpn&client=CLIENT ID&user=USER ID";
$genre_xmlData = simplexml_load_file($xml);

//ムードリスト
$xml = "https://c634880.web.cddbp.net/webapi/xml/1.0/radio/fieldvalues?fieldname=RADIOMOOD&lang=jpn&client=CLIENT ID&user=USER ID";
$mood_xmlData = simplexml_load_file($xml);

//年代
$xml = "https://c634880.web.cddbp.net/webapi/xml/1.0/radio/fieldvalues?fieldname=RADIOERA&lang=jpn&client=CLIENT ID&user=USER ID";
$era_xmlData = simplexml_load_file($xml);
?>

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
	<meta charset="UTF-8">
	
	<title>Gracenote DEMO</title>

	<!-- js -->
	<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.0/jquery.min.js"></script>
	
</head>
<body>

<form action="" method="post">

	<div>
		ジャンル
		<select name="genre">
			<?php foreach ($genre_xmlData->RESPONSE->GENRE as $genre_list) : ?>
				<option value="<?php echo $genre_list[0]['ID']; ?>"><?php echo $genre_list[0][0]; ?></option>
			<?php endforeach; ?>
		</select>
	</div>
	
	<div>
		ムード
		<select name="mood">
			<?php foreach ($mood_xmlData->RESPONSE->MOOD as $mood_list) : ?>
				<option value="<?php echo $mood_list[0]['ID']; ?>"><?php echo $mood_list[0][0]; ?></option>
			<?php endforeach; ?>
		</select>
	</div>
	
	<div>
		年代
		<select name="era">
			<?php foreach ($era_xmlData->RESPONSE->ERA as $era_list) : ?>
				<option value="<?php echo $era_list[0]['ID']; ?>"><?php echo $era_list[0][0]; ?></option>
			<?php endforeach; ?>
		</select>
	</div>
	<input type="submit" name="submit" value="検索">

</form>

<?php if($submit_flg) : ?>

	<div class="player">
		<div class="image"></div>
		<p class="play_title"></p>
		<p class="play_artist"></p>
	</div>

	<ul>
		<?php 
		$track_no = 0;
		foreach ($xmlData->RESPONSE->ALBUM as $music) : 
			$track_no++;
		?>
			<li id="track_<?php echo $track_no; ?>">
				<p class="title"><?php echo $music->TRACK->TITLE; ?></p>
				<p class="artist"><?php echo $music->ARTIST; ?></p>
			</li>
		<?php endforeach; ?>
	</ul>
<?php endif; ?>
</body>
</html>

focus_popularity=1000としているのですが、曲のポピュラー度を制御しています、。
数値が大きくなるほどポピュラー度が高くなります。
 
JS

var track_count = 1;

var artist_name = $('#track_1').children('.artist').html();
var music_title = $('#track_1').children('.title').html();

// 検索する
search({
  term: artist_name + ' ' + music_title,
  limit: 1,
  entity: 'song',
  country: 'JP',
});

//iTunes APIから楽曲を取得する
function search(options) {

  var params = {
    lang: 'ja_jp',
    entry: 'music',
    media: 'music',
    country: 'JP',
  };

  if (options && options.term) {
    params.term = options.term;
  }

  if (options && options.limit) {
    params.limit = options.limit;
  }

  $.ajax({
    url: 'https://itunes.apple.com/search',
    method: 'GET',
    data: params,
    dataType: 'jsonp',

    success: function(json) {
      showData(json, options);
    },

    error: function() {
      console.log('itunes api search error. ', arguments);
    },
  });
};

//取得した楽曲を表示
var music_url = "";
var TARGET;
var showData = function(json) {

	if(json.results.length == 0){

		track_count++;

		artist_name = $('#track_' + track_count).children('.artist').html();
		music_title = $('#track_' + track_count).children('.title').html();
        	
		// 検索する
		search({
		term: artist_name[data_key] + ' ' + music_title[data_key],
		limit: 1,
		entity: 'song',
		country: 'JP',
		});

	 }else{
  
	    for (var i = 0, len = json.results.length; i < len; i++) {

	      var result = json.results[i];

	      music_url = result.previewUrl;

	      var html = '<audio id="sound" src="' + result.previewUrl + '" controls />';
	      $('.player').children('audio').remove();
	      $('.player').append(html);
	      var html = '<img src="' + result.artworkUrl100 + '">';
	      $('.player').children('.image').empty().append(html);

	      $('.player').children('.play_artist').html(artist_name);
	      $('.player').children('.play_title').html(music_title);

	      TARGET = document.getElementById('sound');

	      play();

	      track_count++;
	    }

	}

}

function play(){
    TARGET.play();
    timeupdate();
}

function timeupdate(){
    TARGET.play();
    TARGET.addEventListener("timeupdate", function() {
  
        if(TARGET.currentTime == TARGET.duration){

        	artist_name = $('#track_' + track_count).children('.artist').html();
			music_title = $('#track_' + track_count).children('.title').html();
        	// 検索する
			search({
			  term: artist_name + ' ' + music_title,
			  limit: 1,
			  entity: 'song',
			  country: 'JP',
			});
        }

    }, true);
}

 
 
 

他にもざまざまな方法で楽曲をレコメンドできるので、いろいろ試してみてください。
自分専用に好みの検索のかけ方をプログラミングして楽曲レコメンドアプリを作ってもいいかもしれません!
http://www.gracenote.com/?language=ja

続きを読む

【Spotify WEB API】SpotifyのWEB APIを使って楽曲を取得し再生する

2014年12月1日

Pocket

spotify_thamb

海外では大人気の音楽ストリーミングサービス『Spotify』
日本上陸も目前!?のはずなので、いち早くSpotifyのAPIの使い方を解説したいと思います!
Spotify WEB APIを利用して検索をかけたり、プレイヤーを埋め込んだりしてみました。
 
先日、
MUSICIANS HACKATHONに参加したのですが、参加者は期間限定でSpotifyのプレミアム会員になれるのです!
これは使わなくては損だということで、ハッカソンではSpotifyとGracenoteのAPIを利用してサービスを作りました!!
今回のハッカソンで私はGracenote使用部分を作成していたので、Spotifyの部分は担当していないのですが、勉強のためにSpotifyも個人的に実験してみました。
 
 
Spotify Web API – Spotify Developer
 
 
 

アプリ作成

まず、Spotifyのログインします。
Spotify DeveloperのMy Applicationsのページでアプリを作成します。
アプリ作成
 
“CREATE AN APP”をクリックします。
spotify1
アプリが作成されました。
Application NameとApplication Descriptionを入力し、”CREATE”をクリックします。
spotify2
 
Redirect URIsを設定します。
spotify3
見えないように伏せていますが、Client IDとClient Secretが表示されているはずです。
Client IDとClient Secretはあとで使います。
 
 

情報取得

アプリの作成が終わったので、次に使用ファイルをダウンロードします。
Spotify DeveloperサイトのWeb API -> Code Exampleページでさまざまなサンプルコードが見れます。
今回は、spotify-web-api-phpを利用しますので、下の方にあるjwilsson/spotify-web-api-phpをクリックし、spotify-web-api-phpのzipファイルをダウンロードします。
https://github.com/jwilsson/spotify-web-api-php
 
spotify4
 
ダウロードしたファイルを解凍し中にあるsrcフォルダを任意の場所に置きます。
私は、spotifyをいうファルダを作成しその中にsrcフォルダを入れましたので、それで解説していきます。
 
spotifyフォルダの中にdemo.phpというファイルを作り、下記のコードを書きます

<?php
require 'src/SpotifyWebAPI.php';
require 'src/Request.php';
require 'src/Session.php';
require 'src/SpotifyWebAPIException.php';

$session = new Session(
'SPOTIFY_CLIENT_ID', //APPのCLIENT_IDを入れる
'SPOTIFY_CLIENT_SECRET', //APPのCLIENT_SECRETを入れる
'SPOTIFY_REDIRECT_URI' //APPのRedirect URIsを入れる
);
$api = new SpotifyWebAPI();

if (isset($_GET['code'])) {
    $session->requestToken($_GET['code']);
    $api->setAccessToken($session->getAccessToken());

    print_r($api->me());
} else {
    header('Location: ' . $session->getAuthorizeUrl(array(
        'scope' => array('user-read-email', 'user-library-modify')
    )));
}
?>

 
実行するとログイン画面が表示されます。
spotify6
 
ログインするとログインしたアカウントのユーザー情報が取得でき、表示されます。
ログインすると他のユーザーのプレイリストを見れたり、ログインした人のプレイリストにトラックを追加したり、さまざまなことができるようになります。
 
 

プレイリスト作成デモ

ユーザー『pixiesofficial』のプレイリストを一つ取得して、トラックを表示させるデモを作ってみました。
Spotifyのアカウントお持ちの方はログインすると見れます。
 
DEMO
 
spotify7
 
コード

<?php
require 'src/SpotifyWebAPI.php';
require 'src/Request.php';
require 'src/Session.php';
require 'src/SpotifyWebAPIException.php';

$session = new Session('SPOTIFY_CLIENT_ID', 'SPOTIFY_CLIENT_SECRET', 'SPOTIFY_REDIRECT_URI');
$api = new SpotifyWebAPI();

if (isset($_GET['code'])) {
    $session->requestToken($_GET['code']);
    $api->setAccessToken($session->getAccessToken());

    //pixiesofficialというユーザー名でプレイリストを一つ取得
    $playlists = $api->getUserPlaylists('pixiesofficial', array(
        'limit' => 1
    ));
    //取得したプレイリストのIDを変数へ代入
    $playlist_id = $playlists->items[0]->id;

    //pixiesofficialというユーザー名での$playlist_idのトラックを取得
    $tracks = $api->getUserPlaylistTracks('pixiesofficial', $playlist_id);

} else {
    header('Location: ' . $session->getAuthorizeUrl(array(
        'scope' => array('user-read-email', 'user-library-modify')
    )));
}

?>


<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
	<meta charset="UTF-8">
</head>
<body>

	<?php foreach ($tracks->items as $track) : ?>
	       <!-- Spotify埋め込み -->
		<iframe src="https://embed.spotify.com/?uri=spotify:track:<?php echo $track->track->id; ?>" width="300" height="380" frameborder="0" allowtransparency="true"></iframe>

	<? endforeach; ?>

</body>
</html>

 
 

楽曲を検索デモ

会員じゃない人がログインしないでも見れる検索方法もあります。
楽曲を検索してヒットしたトラックのプレイヤーを作成します。
 
DEMO
 
 
コード

<?php
require 'src/SpotifyWebAPI.php';
require 'src/Request.php';
require 'src/Session.php';
require 'src/SpotifyWebAPIException.php';

$submit_flg = false;

if($_POST['submit']){

	$submit_flg = true;

	$artist = htmlspecialchars($_POST['artist'],ENT_QUOTES);
	$title = htmlspecialchars($_POST['title'],ENT_QUOTES);

	$api = new SpotifyWebAPI();

	//キーワードの含まれるトラックを検索
	$tracks = $api->search($artist . '  ' . $title, 'track',array(
    'limit' => 1
));

	//トラックのIDを変数へ代入
	$track_id = $tracks->tracks->items[0]->id;

}


?>

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
	<meta charset="UTF-8">
</head>
<body>

<form action="" method="post">
	アーティスト<input type="input" name="artist"><br>
	曲名<input type="input" name="title"><br>
	<input type="submit" name="submit" value="検索">
</form>

<?php if($submit_flg) : ?>
	       
		<iframe src="https://embed.spotify.com/?uri=spotify:track:<?php echo $track_id; ?>" width="300" height="380" frameborder="0" allowtransparency="true"></iframe>

<?php endif; ?>

</body>
</html>

 
 
Spotifyは、まだ日本に入ってきてないサービスですのす。プレミアム会員になるには対応している国のクレジット情報が必要ですので、現状日本ではまだしばらく全てのAPIは利用できない状態です。

続きを読む

WEB上の音楽プレイリストを作って共有できるサービス『whyd』

2014年10月1日

Pocket

whyd

最近、音楽ストリーミングサービスが増えて、色々無料で音楽を聞けて便利な時代になりました。
今日は、YouTubeやSoundCloudなど、WEB上に落ちている音楽でプレイリストを作ったり、人と共有したりできる音楽サービスについてリポートします!
 
 
whydのサイトはこちら
http://whyd.com/
 
 
普段皆さんはどんなツールを使って音楽を聞いているでしょうか。 
whydでは、ウェブ上で音楽を保存して聞くことができます。 
 
個人的なwhydのポイント 
・ウェブ上でプレイリスト管理 
・YouTubeから引っ張ってこれる 
 

ウェブ上でプレイリストを作れる

「あの曲iTunesに入れるの忘れてた」なんてなっても、インターネットが通じるところならどこでもすぐに検索して聴くことができます。 
そして、検索して気に入った音楽や動画は自分でプレイリストを作って保存しておくことができます。 
お気に入りのプレイリストを一度作っておけば、ログインさえすれば家でも仕事場でも移動中でもそのプレイリストを流すことができます。
 

ウェブ上に落ちている音楽を引っ張ってこれる

私が魅力的に思ったのは、 
YouTubeやSoundCloudから音楽を読み込めるので、インディーズはもちろん、デビューしていないようなアーティストが聞けるということです!! 
マイナーなアーティストだと「レンタルCDもないし、でもCD買うほど聞きたい訳じゃないし」っていうことがあったのですが、ウェブ上に音源さえ落ちていれば、気になるアーティストのプレイリストを無料で作って聞けるのがいいなと思いました。 
whydで検索にほしい曲が引っかからなくても、YouTubeで気に入った曲があれば、そのURLをコピーして、whydの『Add track』のボタンを押して先ほどコピーしたURLをペーストすればトラックに追加できます! 
 

音楽を共有できる

作ったプレイリストは、人と共有でき、世界中の人に発信でき、また、世界中の人のプレイリストを聞くことができます。 
気になった曲を上げている人をフォローして、『Stream』でフォローした人の最近追加された音楽を確認したりできます。
さらに、iframeでプレイリストを埋め込むこともできるので、ブログなどに上げるのも便利です! 
前の記事の、「2014年に流行った 押さえておきたいバンドまとめ」でも、whydでプレイリストを作って埋め込んでいます。 
 

iPhoneで聴ける

もちろんアプリもあるので、iphoneでも他のアプリを使いながらwhydで音楽を流すこともできます! 
でも、YouTubeだと音質が悪いので、iphoneでイヤホンを付けて聞くとちょっと音質が気になります。 
個人的には、パソコンでBGMとして流しながら仕事するのが好きです。 
 
http://whyd.com/
 
 
ぜひ一度使ってみてください!

続きを読む

2014年に流行った 押さえておきたいバンドまとめ

2014年9月29日

Pocket

band

2014年も残り3ヶ月となりました。
「もうそのバンド知ってるよ!」って言う人も多いかもしれませんが、
話題に乗り遅れない為に、2014年注目されていたこれだけは知っておきたい人気のバンドをまとめてみました。
 
 

KANA-BOON


 
一度効いたら耳から離れない
2012年キューンレコードの20周年記念オーディションで4,000組の応募者の中から優勝し、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのオープニングアクトを務めたことで話題になり、今年はメディアに引っ張りだこ!
一度効いたら耳からは慣れないフレーズで、若者を中心に大人気の大阪発バンドです。
Webサイト
http://www.kanaboon.com/
 
 

ゲスの極み乙女


 
バンド名とは裏腹にオシャレなサウンド
2014年にメージャーデビューしたばかりで、auのスマートフォン「isai FL」のCMソング、「アンテナ Antenna」のCMソングで使われ、今年絶対、耳にしているはずです!!
バンド名だけ聞くとキワモノバンドかと思っちゃいますが、ピアノが効いたオシャレなサウンドです!
Webサイト
http://gesuotome.com/
 
 

グッドモーニングアメリカ


 
メロディックなサウンドが心に響く
名前を聞いたことある人は多いのではないでしょうか。
結成13年目にして2013年5月にメジャー入りを果たした実力派バンド!
Webサイト
http://goodmorningamerica.jp/
 
 

パスピエ


 
印象派×ポップ・ロック バンド
『印象派×ポップ・ロック バンド』と、音楽だけでなくカルチャー全体としてアプローチし、現代風なテクノを貴重としたポップロックサウンドを奏でます。
ノリの良いテクノサウンドと女性ボーカルのボイスが癖になる注目のバンドです!
Webサイト
http://passepied.info/
 
 

キュウソネコカミ


 
サブカル好きならみんな知ってるはず
バンド名は、ファイナルファンタジーX-2に登場する装備アイテム「キューソネコカミ」に由来しているそうです。
キャッチーなサウンドに合わせた「2ちゃんのまとめを見ちゃうね」という歌詞や「DQNなりたい、40代で死にたい」というタイトルなど、現代人ならではなフレーズに親近感が湧いてしまう人も多いかもしれません。
Webサイト
http://02.mbsp.jp/kyuuso/
 
 

KEYTALK


 
正統派でカッコいい!
ライブ公演チケットが度々SOLD OUTし、今大注目のバンド!
Webサイト
http://keytalkweb.com/
 
 

tricot


 
超カッコいいガールズバンド
ガールズバンドといえばチャットモンチーやねごとのようなイメージがついつい出てきてしまいますが、ハスキーなボイスに独特な変拍子のサウンドが今までのガールズバンドのイメージを覆されます!
Webサイト
http://tricot.tv/
 
 

東京カランコロン


 
可愛い歌詞にメロメロ
2010年6月ディスクユニオンにて2ndデモCD取り扱い開始後、インディーズチャートで連続1位を獲得し、2013年にメージャーデビューを果たしました。
可愛い歌詞に共感している人も多いようです!
Webサイト
http://tokyokarankoron.com/
 
 

SHISHAMO


 
甘酸っぱい青春を思い出させる!
高校卒業したての早咲き3ピースバンド!
学生時代の淡い思い出を描いた歌詞に青春時代を思い出してください。
Webサイト
http://shishamo.biz/
 
 

きのこ帝国


 
甘酸っぱい青春を思い出させる!
オルタナやシューゲイザーに影響を受けたギターサウンド、優しい声が不思議な感覚に誘い込まれます。
Webサイト
http://www.kinokoteikoku.com/
 
 
 
これだけ押さえておけば、話題に乗り遅れないはず!!
というのも、『spotify』という紙サービスで洋楽ばかりBGMにしていたので、「最近の流行ってる邦楽バンドってどんなんだろー」と思い急いで調べた次第でございます・・・。
下に今回ピックアップした曲をプレイリストにまとめたので、作業用BGMにでもどうぞ!
 
 
 

続きを読む

このサイトについて


『意識低い系女と高い系男の一年戦争』はクリエイティブ会社エアゼの代表2人が運営するブログです。エアゼは、アプリ・Web・IoT・インタラクティブコンテンツのデザイン・開発を手がけています。

エアゼ ホームページ